コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オープン・チューニング[open tuning] オープンチューニング

1件 の用語解説(オープン・チューニング[open tuning]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

オープン・チューニング[open tuning]

通常チューニングは、クラシック・ギターからエレクトリックギターに至るまで高い音の弦(1~6弦)からE/B/G/D/A/Eというスタンダード・チューニングを行うのが普通。しかしあるキーに合わせて、すべての弦をあるコードに合わせチューニングしたものをオープン・チューニングという。つまり全弦どこも押さえずに開放弦で弾いたときに、それだけであるコードの音が出る。たとえばその全弦開放弦を弾いたとき、それがGのコードであればそれをオープンGチューニングと呼ぶ。このチューニングの利点は決められたキーの中でよく共鳴すること、また、ハイ・ポジションでプレイしているときでも、ベース音を開放弦で鳴らすことができること等が特長。簡単なコード進行のロックやスライド・ギターの時によく用いられる。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
音楽用語ダスについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone