オーレス山地(読み)オーレスさんち(英語表記)Aurès

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オーレス山地
オーレスさんち
Aurès

アルジェリア北東部の褶曲山地。サハラアトラス山脈の東にあるホドナ山脈の延長上にあり,北はけわしい絶壁だが,南はサハラ砂漠に向ってアビオドとアブディの肥沃な渓谷が開いている。同国最高のシェリア山 (2328m) もここにある。バトナの近くにあるカンタラ峠は,古来南北を連絡する重要な通路。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android