コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーヴェルの教会

1件 の用語解説(オーヴェルの教会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

オーヴェルの教会

オランダの画家フィンセント・ファン・ゴッホの絵画(1890)。原題《L'église d'Auvers-sur-Oise》。ゴッホが最期の数ヶ月を過ごした村オーヴェル・シュル・オワーズにある教会を描いた作品。パリ、オルセー美術館所蔵。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーヴェルの教会の関連キーワードアルルの寝室アルルの部屋糸杉のある道カラスのいる麦畑ガシェ博士の肖像黄色い家ゴッホの寝室タンギー爺さん夜のカフェ夜のカフェテラス

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone