最期(読み)サイゴ

大辞林 第三版の解説

さいご【最期】

〔「ご」は呉音〕
命の終わるとき。死にぎわ。臨終。末期。 「 -をみとる」 「友人の-に立ち会う」 「あっぱれな-だった」 〔同音語の「最後」は物事の一番おしまいのことであるが、それに対して「最期」は人の死にぎわのことをいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さい‐ご【最期】

〘名〙 (「ご」は「期」の呉音) 命の終わる時期。死ぬ時。死にぎわ。臨終。末期(まつご)。最後。
※浜松中納言(11C中)四「のちの世のうしろめたかるべき思ひはなく、あらたにたふとかりし人の御さいごなれど」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「黄なる泉へ流れゆく、勇士の最期(サイゴ)ぞめざましき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最期の関連情報