コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最期 サイゴ

デジタル大辞泉の解説

さい‐ご【最期】

命の終わるとき。死にぎわ。臨終。末(まつご)。「最期をみとる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さいご【最期】

〔「ご」は呉音〕
命の終わるとき。死にぎわ。臨終。末期。 「 -をみとる」 「友人の-に立ち会う」 「あっぱれな-だった」 〔同音語の「最後」は物事の一番おしまいのことであるが、それに対して「最期」は人の死にぎわのことをいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

最期の関連キーワードシューベルト:3つのピアノ曲(即興曲)/piano soloシューベルト:幻想曲 ヘ短調/1 piano 4 hands歌に私は泣くだらう/妻・河野裕子 闘病の十年愛知県知多郡美浜町野間地域包括ケアシステムハイセンビュッテル北海道函館市若松町吉住小三郎(3代)笠の台の生き別れバッコスの信女ゴリオ爺さん野の花診療所非業の最期ヒロイック海辺の光景横様の死に野呂助三郎見届ける大原御幸非業の死

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最期の関連情報