コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイン・パンジャン かいんぱんじゃん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイン・パンジャン
かいんぱんじゃん
kain pandjangインドネシア語

インドネシア男女の着用する民族衣装の一つで、巻きスカートのこと。カインは「布」、パンジャンは「長い」の意で、およそ幅1メートル余、長さ2~4メートルのバティック、つまり蝋(ろう)染め更紗(さらさ)の木綿地を、前中央から左脇(わき)にかけて細かくひだ寄せして下体部に巻き付ける。とくにカバヤkabajaというタイトな長袖(ながそで)風ブラウス、およびスレンダンslndangとよぶショールとともに着けるのが女性の正装であるが、近ごろ略装ではサロンsarong(もともとマレー語で「鞘(さや)」とか「筒」などの意。インドネシア語ではsarung)を用いることも多くなった。とりわけ洋服化が激しい男性では、儀礼や伝統舞踊など以外に見かけることはほとんどなくなった。このように、カイン・パンジャンは、インドネシア民族衣装のなかではもっとも普遍的かつ伝統的な衣装で、カバヤやスレンダンの合繊化は進んでも、これだけはバティックの伝統的素材を守っている。[石山 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカイン・パンジャンの言及

【サロン】より

…同種のものをミャンマーではロンジーlongyi,タイではパーシンphâ sînなどと呼ぶが,素材,文様,着装法など国や民族で異なり,それぞれに特色がある。また,布を縫い合わせないで単に巻きつけて着るものにジャワ島のカイン・パンジャンkain panjang,タヒチ島のパレオpaléoなどがある。【松本 敏子】。…

※「カイン・パンジャン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カイン・パンジャンの関連キーワード石山

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android