正装(読み)せいそう

精選版 日本国語大辞典「正装」の解説

せい‐そう ‥サウ【正装】

〘名〙 あらたまった場所などに着て行く正式な服装。また、それを着ること。
※風俗画報‐二四二号(1901)人事門「勅奏任官総代及判任官総代(陸軍武官は正装海軍武官は正服)招魂場に参向席に著く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「正装」の解説

せい‐そう〔‐サウ〕【正装】

[名](スル)儀式などに出るための正式の装い。また、その装いをすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の正装の言及

【衣冠】より

…平安中期(10世紀後半)以後,宮中で正装に準じて着用された略式の装束。奈良時代や平安初期の朝廷では朝服を着用していたが(《衣服令》),平安中期になると,朝服から束帯(そくたい)が成立,発展し,これが正装となった。…

【晴着】より

…今では外出着の意味に用いるが,本来はハレの日に着る着物で,礼装,式服,正装,盛装,忌衣などの意味に用いる。祭日や冠婚葬祭,誕生から成人式までのたびたびの祝日や年祝の日は,ふだんとは違うハレの日で,その日に着る着物が晴着である。…

※「正装」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android