コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カギノリ(鉤海苔) カギノリ Bonnemaisonia hamifera Hariot

1件 の用語解説(カギノリ(鉤海苔)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カギノリ【カギノリ(鉤海苔) Bonnemaisonia hamifera Hariot】

体の先端にかぎ状の付着器官をもち,これで他の海藻に絡まりついて生育するカギノリ科の美しい紅藻(イラスト)。体は直径1.5~2mmの主軸をもち,大小の枝を各方向に多数出す。枝の先はかぎ状に曲がるものもあるが,多くは毛のように細くてやわらかいので,全体はふさふさした感じとなる。北部ヨーロッパアメリカ太平洋沿岸および日本近海に分布が知られ,日本では北海道南西諸島を除く各地沿岸の低潮線付近から漸深帯にかけて生育する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カギノリ(鉤海苔)の関連キーワード栄養器官器官入組文亀頭黐竿岐散花序鉤頭虫炭掻きノンスリップ矢尻

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone