コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カギノリ(鉤海苔) カギノリBonnemaisonia hamifera Hariot

世界大百科事典 第2版の解説

カギノリ【カギノリ(鉤海苔) Bonnemaisonia hamifera Hariot】

体の先端にかぎ状の付着器官をもち,これで他の海藻に絡まりついて生育するカギノリ科の美しい紅藻(イラスト)。体は直径1.5~2mmの主軸をもち,大小を各方向に多数出す。枝の先はかぎ状に曲がるものもあるが,多くは毛のように細くてやわらかいので,全体はふさふさした感じとなる。北部ヨーロッパ,アメリカ太平洋沿岸および日本近海に分布が知られ,日本では北海道と南西諸島を除く各地沿岸の低潮線付近から漸深帯にかけて生育する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android