カザレー式アンモニア合成装置および関連資料(読み)かざれーしきあんもにあごうせいそうちおよびかんれんしりょう

事典 日本の地域遺産の解説

カザレー式アンモニア合成装置および関連資料

(宮崎県延岡市旭町7 旭化成ケミカルズ()愛宕事業場敷地内「カザレー記念広場」)
化学遺産」指定の地域遺産〔第006号〕。
1923(大正12)年日本窒素肥料株式会社は日本初のアンモニアの工業的製造を開始した。当時の合成塔、清浄塔、圧縮機が、旭化成ケミカルズ(株)愛宕事業場敷地内の「カザレー記念広場」に移設・保存されている

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android