コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カシワバゴムノキ Ficus lyrata; fiddle-leaf; fiddle-leaf fig

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カシワバゴムノキ
Ficus lyrata; fiddle-leaf; fiddle-leaf fig

クワ科の常緑高木。熱帯アフリカ原産で,樹高は 12~15mになる。葉は硬質で暗緑色。葉長は 25~35cmになり,バイオリン状で葉縁は波打つ。その葉形がカシワに似ているため,カシワバゴムノキと呼ばれる。観葉植物として鉢植えで栽培されるが,熱帯や亜熱帯各地ではしばしば露地植えの植栽がみられる。耐陰性があり,比較的低温にも強くて育てやすい。多湿を好むが,冬は乾燥ぎみに保てば0℃程度でも越冬する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカシワバゴムノキの言及

【インドゴムノキ】より

…アサヒcv.Asahiはデコラの枝変りで,葉縁が白,淡ピンクの覆輪となり,強健で草姿もよい。このほか常緑のイチジク属Ficus植物には,インドボダイジュ,コバンボダイジュF.diversifolia Bl.(東南アジア原産,低木で葉も小型),フィカス・ベンジャミナF.benjamina L.(インド原産,小型の葉),カシワバゴムノキF.lyrata Warb.(アフリカ原産,カシワ状の大型の葉)のように観葉植物として栽植されるものがある。ゴムノキの仲間は,挿木または取木でふやすが,発根には15℃以上の高温が必要。…

※「カシワバゴムノキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カシワバゴムノキの関連キーワードインドゴムノキ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android