葉縁(読み)ようえん(英語表記)leaf margin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉縁
ようえん
leaf margin

葉の周辺部。葉の性状は植物の検索にとって重要な特徴の一つであり,切れ込み (欠刻) のないなめらかなものを全縁または全辺 entireといい,切れ込みがある場合には,その程度に応じて,浅裂,中裂,深裂,全裂と区別するが,区別は程度の差であり,明確とはかぎらない。全裂というのは,中央脈に達するまで切れ込んでいる場合であって,この場合には1枚の葉が何枚かの小葉に分れた複葉構造となる。また,浅裂の場合,切れ込みの形によって,波状,歯牙状,鋸歯状などの区別がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐えん〔エフ‐〕【葉縁】

植物の葉のへり。全縁(滑らかな縁)、鋸歯(きょし)縁(ぎざぎざのある縁)、欠刻(けっこく)縁(切れ込みのある縁)などの形状がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉縁の関連情報