コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉縁 ようえんleaf margin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

葉縁
ようえん
leaf margin

葉の周辺部。葉の性状は植物の検索にとって重要な特徴の一つであり,切れ込み (欠刻) のないなめらかなものを全縁または全辺 entireといい,切れ込みがある場合には,その程度に応じて,浅裂,中裂,深裂,全裂と区別するが,区別は程度の差であり,明確とはかぎらない。全裂というのは,中央脈に達するまで切れ込んでいる場合であって,この場合には1枚の葉が何枚かの小葉に分れた複葉構造となる。また,浅裂の場合,切れ込みの形によって,波状,歯牙状,鋸歯状などの区別がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

よう‐えん〔エフ‐〕【葉縁】

植物の葉のへり。全縁(滑らかな縁)、鋸歯(きょし)縁(ぎざぎざのある縁)、欠刻(けっこく)縁(切れ込みのある縁)などの形状がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

葉縁の関連キーワードカメバヒキオコシ(亀葉引起)レッドリーフ病(エンバク)縁枯病(ベルベットグラス)すす葉枯病(ローズグラス)ヒロハノエビモ(広葉蝦藻)ひょう紋病(トウモロコシ)キジノオシダ(雉の尾羊歯)スジギボウシ(筋擬宝珠)べと病(アルファルファ)イノモトソウ(井の許草)葉枯病(アルファルファ)ホングウシダ(本宮羊歯)黒葉枯病(シロクローバ)黒葉枯病(アカクローバ)葉枯病(アカクローバ)キンモクセイ(金木犀)斑葉葉巻病(ノシバ)縁枯病(ライグラス)セイロンベンケイソウピギーバックプランツ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉縁の関連情報