コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾燥 かんそう drying; desiccation

7件 の用語解説(乾燥の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾燥
かんそう
drying; desiccation

蒸発により不要の液体分を除くこと。原理的に次のように分けられる。 (1) 自然乾燥 最も簡易。洗濯物など。食品工業 (めん類海産物など) でも行われるが,場所と手数を要する。多くは通風乾燥で,戸外では太陽光による乾燥効果も加わる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かん‐そう〔‐サウ〕【乾燥】

[名](スル)
かわくこと。湿気や水分がなくなること。「空気が乾燥する」「乾燥地」
かわかすこと。「洗濯物を乾燥する」
[名・形動]味わいやおもしろみのないこと。また、そのさま。「無味乾燥
「武士道という―で不自然な道徳」〈有島・宣言〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

乾燥【かんそう】

物質に含まれる水分を加熱などにより蒸発させて除いたり減少させること。周囲の温度が高く,湿度が低く,風速が大きいほど乾燥が早い。通風のよい所に直射日光を避けて放置する風乾,加熱空気中で行う空気浴乾燥,密閉容器(デシケーターなど)中で乾燥剤を用いる方法などがある。
→関連項目脱水

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

乾燥

 脱水ともいう.食品などから水分や湿気をなくすこと.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かんそう【乾燥 drying】

水分を含む材料に外部から熱を与えて材料中の水分を蒸発させ固形乾燥製品を得る操作。化学工学単位操作の一つである。湿り固体材料のほかに液状,ペースト状材料がその対象となる。
【乾燥の機構】
 無水材料(まったく水分を含まぬ状態の材料)1kg当りこれに含有される水分量(kg)でもって湿り材料中の水分の大小を表し,これを乾量基準含水率w(kg‐水/kg‐無水材料)という。湿り材料1kg中に含まれる水分量(kg)で示す湿量基準水分ww(kg‐水/kg‐湿り材料)も用いられるが,工学計算には前者が便利である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かんそう【乾燥】

( 名 ) スル
湿気や水分がなくなること。かわくこと。また、かわかすこと。 「空気が-している」 「 -機」
物事や人間性に、味わいや面白みのないこと。 「無味-」 「文部省令に支配せられる-した画一教育でもなく/一隅より 晶子

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乾燥
かんそう
drying

固体中に含まれる水分を蒸発(または昇華)によって除去させ、無水または低水分の製品を得るための操作である。化学工業では有機溶媒で処理した固体材料から溶媒を除去回収する操作は少なくないが、このように除去物質が水でなくても蒸発(昇華)操作によって除去される場合も乾燥の範疇(はんちゅう)に含まれる。「絶縁油の乾燥」「乾燥空気」などというように、液体や気体中の水分の除去操作に対しても乾燥という語が用いられるが、単位操作の区分のうえでは前者は蒸発(または蒸留)に近い操作であり、後者は調湿(ちょうしつ)として取り扱われる。固体材料中の水分の除去操作ではあるが、直接液状のまま分離する圧搾や遠心分離操作は脱水(固液分離)操作として乾燥とは区別される(以下、記述の便宜上とくに断らない限り固体中の水分の除去として説明をするが、ほとんどの場合そのまま有機溶媒などにも適合する)。
 固体中に含まれている水分の状態は、固体の構造と水分量とによって大幅に異なる。材料自体が水を含まない非親水性材料では、水は素材間隙(かんげき)を液状水として満たし、毛細管内の水と類似した挙動をとる。構造が微細になると当然毛管力を受けることとなる。水分が少なくなると、水は固体構造の接点などの凹入部に散在するようになり、他の部分では固体内部表面に吸着状態で存在することになる。さらに乾燥させると吸着水分のみとなる。親水性材料では素材と水とは分子構造的に種々な結合をもち、均質的なものとなる。生体内では細胞液として細胞構造を形成し、あるいはゲル、ゾル、コロイドなどの状態となることも少なくない。[河村祐治]

乾燥の機構的要素

(1)材料内水分の蒸発面への移動 蒸発面は多くの場合、材料外面であるが、内部にあることもある。
(2)蒸発潜熱の供給 材料外部よりの対流伝熱、放射伝熱または材料内部の伝導伝熱およびこれらの組合せによる。誘電加熱も利用される。
(3)蒸発蒸気の除去 通気や真空排気などによって系外へ排除する。材料表面から気流への蒸気移動が対象となるが、蒸発面が材料内部にある場合には、材料内部での蒸気移動も問題になる。
 乾燥を遂行するためには、これらの因子を量的にすべて均衡させる必要があり、熱・物質同時移動操作と称されるゆえんである。[河村祐治]

乾燥方法

材料の特性に応じて、前記の乾燥機構を満足させ、効率よく乾燥を行わせるよう種々の方法が考案され実用化されている。乾燥速度を大きくすることは一般的には望ましいことであるが、ある限度を超えると材料によっては、ひずみや亀裂(きれつ)が発生したり、表面硬化(表面に緻密(ちみつ)な乾燥層ができ透水性が悪く乾燥に悪影響を与える)を生じるなどのことがあるので注意を要する。たとえば、木材の乾燥では変形防止のため外気の湿度を高めて乾燥速度を抑制する方法(調湿乾燥法)がよく用いられる。逆に、材料内部で沸騰を伴うような乾燥法(過熱蒸気乾燥法など)は一般論的には正常とはいえないが、急速乾燥ができ多孔性の製品が得られるため食品などの乾燥に用いられる。医薬品や食品などには高温では品質が劣化するため、常温以下、場合によっては氷点以下で乾燥する必要のあるものも少なくない。[河村祐治]
『桐林良三著『乾燥装置』(1966・日刊工業新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乾燥の関連キーワード悪材料歌材原材料下煮破壊試験JIM食品材料ヤシ油常磁性効果塩の原材料

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乾燥の関連情報