カスタモヌ(英語表記)Kastamonu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスタモヌ
Kastamonu

トルコ中央北部の都市で,同名県の県都。古代名カスタモン Castamon。ユーフラテス川にいたる北幹線道路に沿うビザンチン帝国の主要都市であったが,11世紀後期にセルジューク・トルコに占領された。 1393年にはオスマン帝国に併合された。旧市街が取巻く丘にビザンチンの砦跡などがあり,神学校,モスク,16世紀の貧困者収容所などの宗教関係の建物や色彩豊かな市場などが残っている。銅製品で知られ,精糖工場もある。人口5万 2363 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android