コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスティリア語 カスティリアごCastilian dialect; Castellano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスティリア語
カスティリアご
Castilian dialect; Castellano

現代の標準スペイン語の基盤になった方言。9世紀に今日のスペイン北中部のカスティリアラビエハ(旧カスティリア)のブルゴス周辺で興り,国土回復運動レコンキスタ)の進展にしたがって,11世紀までにカスティリアラヌエバ(新カスティリア)のトレドマドリード周辺にまで南下して広がった。11世紀のカスティリア王国レオン王国の合併,および 15世紀末における同じくアラゴン王国との合併以降,スペイン全土の公用語となった。スペイン語の別称としてカスティリア語ということばが使われ,これはスペイン本国よりもラテンアメリカにおいて広く用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カスティリア語の関連キーワードスペイン文学ネブリハメンドサベリョ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android