カスティリア語(読み)カスティリアご(英語表記)Castilian dialect; Castellano

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスティリア語
カスティリアご
Castilian dialect; Castellano

現代の標準スペイン語の基盤になった方言。9世紀に今日のスペイン北中部のカスティリアラビエハ(旧カスティリア)のブルゴス周辺で興り,国土回復運動レコンキスタ)の進展にしたがって,11世紀までにカスティリアラヌエバ(新カスティリア)のトレドマドリード周辺にまで南下して広がった。11世紀のカスティリア王国レオン王国の合併,および 15世紀末における同じくアラゴン王国との合併以降,スペイン全土の公用語となった。スペイン語の別称としてカスティリア語ということばが使われ,これはスペイン本国よりもラテンアメリカにおいて広く用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android