コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステッラーナの鍾乳洞 カステッラーナのしょうにゅうどう

1件 の用語解説(カステッラーナの鍾乳洞の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

カステッラーナのしょうにゅうどう【カステッラーナの鍾乳洞】

アドリア海に面したイタリア南部の港町バーリ(Bari、プーリア州の州都・バーリ県の県都)近郊、カステッラーナ・グロッテ(Castellana Grotte)の町にある鍾乳洞。町の中心部の南西方向にある全長3kmの鍾乳洞で、天使の回廊や寺の身廊(しんろう)、ヘビの道などの見どころがある。内部は複雑な迷路状になっているため、洞窟見学のガイドツアーVisita Normale)でしか入ることができない。約1kmを50分かけて回るコースなど、2コースが用意されている。◇鉄道利用の場合は、私鉄のSud-est線でカステッラーナの鍾乳洞(Grotte di Castellana)駅下車。カステッラーナ・グロッテ駅からではかなり遠くなる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カステッラーナの鍾乳洞の関連キーワードチェファルーイタリア半島アブルッツォオレビッチコルチュラストモレソリンタルティーニ広場アドリア海の復讐プーリア[州]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone