カステッラーナの鍾乳洞(読み)カステッラーナのしょうにゅうどう

世界の観光地名がわかる事典の解説

カステッラーナのしょうにゅうどう【カステッラーナの鍾乳洞】

アドリア海に面したイタリア南部の港町バーリ(Bari、プーリア州の州都・バーリ県の県都)近郊、カステッラーナ・グロッテ(Castellana Grotte)の町にある鍾乳洞。町の中心部の南西方向にある全長3kmの鍾乳洞で、天使の回廊や寺の身廊(しんろう)、ヘビの道などの見どころがある。内部は複雑な迷路状になっているため、洞窟見学のガイドツアー(Visita Normale)でしか入ることができない。約1kmを50分かけて回るコースなど、2コースが用意されている。◇鉄道利用の場合は、私鉄のSud-est線でカステッラーナの鍾乳洞(Grotte di Castellana)駅下車。カステッラーナ・グロッテ駅からではかなり遠くなる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android