コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プーリア州 プーリアPuglia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プーリア〔州〕
プーリア
Puglia

イタリア南部東端,長靴状半島のかかとの部分を占める州。州都バリ。アペニン山脈が次第に低くなって石灰岩の高原に移行する地帯で,北側はアドリア海に,南側はタラント湾に面する。古くはギリシア植民地がつくられ,前4世紀頃ローマが占領し,その後ゴート人,ランゴバルドビザンチンなどに次々と支配された。 12世紀以後シチリア王国,ナポリ王国に組入れられ,1860年サルジニア王国に併合された。フォッジャ地方を除くと平野は少く,カルスト地形が発達した石灰岩高原が続く。大土地所有制が残り,ヒツジの放牧も多かったが,減少しつつある。地味は肥沃で,コムギ,カラスムギ,タバコ,オリーブ,ブドウ,アーモンド,イチジク,野菜を栽培する。ボーキサイトを産出し,オリーブ油の生産が盛ん。第2次世界大戦後,南部開発に力が注がれ,タラントなどの都市に製鉄,石油化学などの近代工業が興っている。面積1万 9347km2。人口 397万 525 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

プーリア州の関連キーワードサンティニコロエカタルド教会ジャンリーコ カロフィーリオカノーザ・ディ・プーリアカステッラーナグロッテガリポリ(イタリア)マルティーナフランカモンテサンタンジェロサンティレーネ教会アドリア海の天日塩ルーボディプーリアカノサディプーリアバリ(イタリア)カラブリア[州]オトラント大聖堂サンニコラ教会レッチェ大聖堂チェリニョーラタラント大聖堂マンフレドニアガルガーノ山地

プーリア州の関連情報