コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドリア海 アドリアかいAdriatic Sea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アドリア海
アドリアかい
Adriatic Sea

イタリア語ではマーレアドリアーティコ Mare Adriatico。地中海にある湾入で,イタリアバルカン半島の間に位置する。最奥部のベネチア湾から南東方向に広がり,湾頭部のオトラント海峡までの延長は約 800km。湾の幅は 100~200km前後。最大水深は約 1260m。名は,かつてポー河口にあって繁栄した都市アドリアに由来する。現在のアドリア (ベネチア南西約 50km) は 22km内陸にある小さな都市。イタリア側の海岸は直線的で海岸平野が発達しているが,対岸のダルマチア海岸は多くの小湾と島々のある山がちの海岸。沿岸には自由港トリエステをはじめ,ベネチア,バリ (イタリア) ,リエカスプリットドゥブロブニク (クロアチア) ,ドゥラス (アルバニア) などの諸港があり,沿岸諸地域にはもとより中央ヨーロッパや北イタリアにとっても海外へ通じる重要な通路となっている。沿岸の気候は地中海型で夏は海水浴地,冬は避寒地となる。海と海岸の風景は美しく,観光客が多い。特にダルマチア海岸は景観に富む。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アドリア海【アドリアかい】

地中海の一部で,イタリア半島とバルカン半島に囲まれる海域。英語でAdriatic Sea。オトラント海峡でイオニア海に通じ,北端部はベネチア湾と呼ばれる。水深は北部では200m以下で,南部では1000mをこえるところもある。
→関連項目イオニア海イタリアセルビア・モンテネグロ地中海モンテネグロ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アドリアかい【アドリア海 Adriatic Sea】

イタリア,バルカンの両半島に挟まれた地中海の内海。オトラント海峡によって南のイオニア海と隔てられている。北部は比較的浅い(100~200m)が,南部では1000mを超える所がある。バルカン半島側は,海岸線が複雑で,沿岸に無数の島が見られるのに対し,イタリア側は概して単調で自然の良港に乏しい。また広大なデルタ地帯を形成しているポー河口以北では,ベネチア周辺のように,河川が運ぶ土砂の堆積によるラグーンが発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アドリアかい【アドリア海】

〔Adriatic Sea〕 地中海の北部、イタリア半島とバルカン半島との間の海域。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アドリア海
あどりあかい
Adriatic Sea

地中海の一部をなし、イタリア半島とバルカン半島に挟まれた海域。南東端のオトラント海峡から北西端のベネチア、トリエステ両湾へと、長さ約800キロメートル、幅約90~200キロメートルで広がる。面積約13万2000平方キロメートル。イタリア側の海岸線は、ポー川のデルタ地帯、およびベネチアやグラードのラグーン地帯を除けば、概して単調である。それに対して、ディナル・アルプス山脈が走り、カルスト地形が広範にみられるスロベニアからクロアチアにかけての海岸線は、出入りが激しく、沖合いには多くの島々が散在する。海深はトレミティ諸島を境にして、一般に北西部に浅く、南東部に深い。最深部は1250メートル。水温は、夏季には25℃になるが、冬季になると冷たい北東風ボラと海深の浅さのため北西部では5~6℃にまで下がる。塩分濃度は33~38の幅をもつが、奥に入るほど低下し、ベネチア湾では地中海中で最低の濃度を示す。古来、重要な海上交易路で、紀元前8世紀以降エトルリア人、ギリシア人、ローマ人、ビザンティン帝国などの支配下にあった。10世紀以後、徐々にベネチアの影響下に入り、とりわけ地理上の発見まではヨーロッパとアジアを結ぶ通商路として決定的な役割を果たした。現在イタリア側にはトリエステ、ベネチア、ブリンディジ、クロアチア側にはリエカ、スプリト、ドゥブロブニクなどの港や保養地がある。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアドリア海の言及

【地中海】より

…地質学的なタイム・スケールからみれば,ジブラルタル海峡は狭められつつあるということができる。現在の地中海のおよその輪郭は第三紀に形づくられ,アルプス造山運動による周辺山地の形成,アドリア海の形成,ギリシアと小アジアの間の沈降によるエーゲ海の形成などがこれに相当する。地中海地域各地に地震帯が多く,また火山活動が活発なのも,このような地質学的に最近の地殻運動を物語っている。…

※「アドリア海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アドリア海の関連キーワードドゥブロブニク・フェスティバルイリリア(バルカン半島の地名)スベティステファンリドディベネチアタルティーニ広場アブルッツォ州ウァレリア街道スタリグラードポルトロージュエグナチア街道ブドバリビエラマラスキーノアッピア街道聖アンデレ島プラツァ通りリッチョーネドブロブニクメタウロ川プロチェ門オパティヤ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アドリア海の関連情報