コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回廊 かいろう cloister

翻訳|cloister

5件 の用語解説(回廊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回廊
かいろう
cloister

建築用語。 (1) 古代の東洋における寺院や宮殿で,敷地を区画するために周囲にめぐらせた構築物。外側は連子窓が交互して内部を透かせ,内側へは1間 (約 1.82m) あるいは2間の梁間で吹放ち,軒裏をそのまま見せて意匠とする。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かい‐ろう〔クワイラウ〕【回廊/×廻廊】

建物・部屋・中庭の周囲に巡らされた、長くて屈折した歩廊。
国の領土が、内陸部で細長く突出した部分。半島や島国の突出した形についてはいわない。第一次大戦後のポーランド回廊や、現在のアフガニスタンワハン回廊など。回廊地帯

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

回廊【かいろう】

宗教建築や宮殿などで重要部分を囲んでいる屋根のある廊下。日本では内裏,神社,寺院では金堂・塔などの一郭を囲み,構造によって単廊,複廊,築地廊等がある。西洋では〈閉ざされた場所〉を意味するラテン語のclaustrumから発展し,修道士の住居を中庭でつなぎ,さらにこの中庭を列柱廊で囲んだもので,のちパラッツォ等にも用いられ,柱廊の様式,装飾彫刻など美術史上数々の傑作建築を残している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かいろう【回廊】

宗教建築や宮殿などで,主要な堂や殿舎を囲う屋根付きの廊下。中国の都城の制をならった日本古代の宮城では,朝堂院,内裏などの周囲を囲い,7世紀の寺院では金堂および塔などからなる一郭が囲われたが,8世紀以後,諸大寺の多くでは金堂の前庭を囲った。古代末には,これらにならって神社にも回廊を用いるようになった。 キリスト教建築では,修道院内の中庭を囲む屋根付き列柱歩廊をさし,英語でクロイスターcloisterともいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

回廊
かいろう

折れ曲がって区画を囲む細長い廊下をいう。社寺では聖域を囲む。歩廊(ほろう)、廡廊(ぶろう)ともいう。梁間(はりま)が1間のものを単廊(たんろう)、2間のものを複廊(ふくろう)とよび、単廊では一般に外側が連子(れんじ)窓、内側が吹放しとなり、複廊では外側、内側とも吹放し、中央の柱筋が壁か窓になる。法隆寺回廊は単廊、春日(かすが)大社回廊は複廊である。回廊から回廊で囲まれた建物に連絡する渡廊(わたろう)を軒廊(こんろう)とよぶ。傾斜地に建つものを登廊(のぼりろう)ともいう。社寺の回廊は土間の場合が多く、要所に楽門(がくもん)が開かれる。回廊は通路として用いられるが、行事の際は参列者の場となる。[工藤圭章]
 ヨーロッパ建築においては建築物の内外部に巡らされた、直線または曲線をなす通路としての柱廊(コロネード)、周歩廊(アンビュラトリー)、歩廊(クロイスター)がこれにあたる。古代エジプトでは第11王朝のデル・エル・バハリ葬祭殿の、小型ピラミッドをのせた二重の基壇に柱廊の初期の事例がみられる。第18王朝のルクソール大神殿には、柱廊の全容がほぼ完全に保存されており、これが、古代ギリシア神殿の典型的プランをなす周柱式柱廊の先駆とみなされる。ギリシアの都市国家(ポリス)の中心には公共広場(アゴラ)が設けられるが、そのなかでもっとも重要な施設は、ストアとよばれる直射日光を避けるための柱廊を主体とした建築物である。これは古代ローマの公共広場(フォルム)にも伝承されている。7世紀以降の聖堂建築に現れた周歩廊は、祭室を囲んで放射状に配置された礼拝堂群への接近を容易ならしめるべく側廊が延長されたものである。また僧院の中庭を囲む歩廊の起源はより古く、5世紀までさかのぼるが、ここには独居室、図書室、食堂などが設けられ、修道士たちの生活圏の中核をなしている。この種の歩廊はルネサンス時代の僧院はもちろん、都市建築にも応用された。また新しい都市計画の気運が高まるにつれ、モニュメンタルな建築物の前に公共広場(ピアッツァ)の整備がなされるが、広場を囲む柱廊の透視効果によって、その建築物の外観を引き立たせることに成功した。代表的な事例としては、ミケランジェロの設計によるローマのカンピドリオ広場と、ベルニーニによるバチカンのサン・ピエトロ広場の柱廊があげられる。[濱谷勝也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の回廊の言及

【神社建築】より

…春日大社や賀茂両社のように平安時代に盛大な祭りが行われ,貴族の参詣の多かった神社では,社頭に祭使たちの席となる建物や直会殿(なおらいどの)などが設けられた。平安時代にはさらに楼門,回廊が石清水八幡宮,賀茂両社,春日大社などに見られ,これらは単に神域を区切るだけでなく,とくに回廊は祭典執行の際の神官たちの着座の場所となり,神殿前で行われる奉幣や舞楽を見る場所ともなった。また同じころ神殿前に幣殿,舞殿がようやく出現する。…

【廊下】より


[日本]
 中世までは,建物内部の廊下はまれで,建物をつなぐためのものが一般的であり,たんに廊と呼ぶことが多かった。寺院や内裏では,中庭を囲んで門や建物を結ぶ回廊が設けられた。回廊は床が土間で,一方の側面だけを壁や連子窓(れんじまど)にするものが多く,紫宸殿の南庭を囲む回廊は軒廊(こんろう)と呼ばれた。…

※「回廊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

回廊の関連キーワードキリスト教建築宗教建築ヒンドゥー教建築仏教建築九院グラノビータヤ宮殿リバディヤ宮殿S造建て方ラマ教建築

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

回廊の関連情報