コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスパー Casper

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスパー
Casper

アメリカ合衆国,ワイオミング州東部の都市。州都シャイアンの北西約 230kmのノースプラット河畔に位置する。標高 1560m。開拓時代はオレゴン道沿いの宿営地であったが,1888年,東部と結ぶノースウェスタン鉄道が開通した頃,小さな町として建設された。 90年代近くにロストソールジャー油田をはじめ,いくつかの油田が発見され,市の発達の契機になった。現在は石油,天然ガスウラニウムを産するほか多様な諸産業が立地。ウシとヤギを主とする集約的な牧畜地域の中心地で,物資の集散が行われる。人口4万 6742 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カスパーの関連キーワードヘルツォーク(Werner Herzog)ハインリヒ・マリーア デンネボルグミュンスター彫刻プロジェクト霧の海を眺めるさすらい人ヴェルナー ヘルツォークヤーコプ ワッサーマンK. トゥホルスキートロブリアンド諸島民ファーバーカステルアギーレ,神の怒りある婦人の肖像雲海の上の旅人アメリカ合衆国トゥホルスキーシュティルナーワッサーマン山上の十字架ブレンターノクリオピリンカンタータ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カスパーの関連情報