集散/聚散(読み)シュウサン

デジタル大辞泉の解説

しゅう‐さん〔シフ‐|シユウ‐〕【集散/×聚散】

[名](スル)
集まったり散ったりすること。「離合―」
生産地から集めた品物を消費地へ送り出すこと。「穀類を―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅうさん【集散】

( 名 ) スル
集まることと散ること。また、集めることと散らすこと。聚散。 「離合-」 「各地の産物が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅう‐さん シフ‥【集散・聚シュウ散】

〘名〙 集まることと散ること。集めることと散らすこと。また、集まったり散ったりすること。しゅさん。
※新撰朗詠(12C前)下「聚散身に随って岫を出づるに非ず。低昂歩を逐って豈、風に由らむや〈三善清行〉」 〔荘子‐則陽〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android