集散(読み)しゅうさん

精選版 日本国語大辞典「集散」の解説

しゅう‐さん シフ‥【集散・聚シュウ散】

〘名〙 集まることと散ること。集めることと散らすこと。また、集まったり散ったりすること。しゅさん。
※新撰朗詠(12C前)下「聚散身に随ってを出づるに非ず。低昂歩を逐って豈、風に由らむや〈三善清行〉」 〔荘子‐則陽〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「集散」の解説

しゅう‐さん〔シフ‐|シユウ‐〕【集散/×聚散】

[名](スル)
集まったり散ったりすること。「離合―」
生産地から集めた品物を消費地へ送り出すこと。「穀類を―する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android