コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスルイブンワルダン カスルイブンワルダンQasr Ibn Wardan

1件 の用語解説(カスルイブンワルダンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カスル‐イブンワルダン(Qasr Ibn Wardan)

シリア西部、シリア砂漠にある要塞跡。ハマーの北東約60キロメートルに位置する。東ローマ帝国ユスティニアヌス1世により、ササン朝ペルシアに対する防衛のために建設。黒玄武岩と煉瓦(れんが)を交互に配しているため縞状の外観をもつ。隣接する6世紀の教会堂は現存する最古の円蓋式バシリカの作例として知られる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone