防衛(読み)ぼうえい

  • ぼうえい バウヱイ
  • ぼうえい〔バウヱイ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外国による攻撃に対して国の安全を保持する作用。日本においては,日本国憲法前文および憲法第9条による徹底した平和主義宣言武力の行使放棄とによって,防衛の実行や防衛のための組織をもつことはできないとするがあるが,政府見解のように,自衛戦争ならびに自衛のための戦力保持を可能とする説もある(→自衛権)。防衛省設置法(→防衛省),自衛隊法国家安全保障会議設置法(→国家安全保障会議)ならびに日米安全保障条約日米相互防衛援助協定日米地位協定などが,日本の防衛に関する基本的な法律,条約である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)他からの攻撃に対して、防ぎ守ること。「祖国を防衛する」「タイトルを防衛する」「正当防衛

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 他からの攻撃に対し、防ぎ守ること。
※先代旧事本紀(806‐936頃)三「誘欺防拒、而令治平、令三十二人並為防衛、天降供奉矣」 〔拾遺記‐蜀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

防衛の関連情報