防衛(読み)ぼうえい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「防衛」の解説

防衛
ぼうえい

外国による攻撃に対して国の安全を保持する作用。日本においては,日本国憲法前文および憲法第9条による徹底した平和主義宣言武力の行使放棄とによって,衛の実行や防衛のための組織をもつことはできないとするがあるが,政府見解のよに,自衛戦争ならびに自衛のための戦力保持を可能とする説もある(→自衛権)。防衛省設置法(→防衛省),自衛隊法国家安全保障会議設置法(→国家安全保障会議)ならびに日米安全保障条約日米相互防衛援助協定日米地位協定などが,日本の防衛に関する基本的な法律,条約である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「防衛」の解説

ぼう‐えい バウヱイ【防衛】

〘名〙 他からの攻撃に対し、防ぎ守ること。
※先代旧事本紀(806‐936頃)三「誘欺防拒、而令治平、令三十二人並為防衛、天降供奉矣」 〔拾遺記‐蜀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「防衛」の解説

【防衛】ぼうえい(ばうゑい)

防ぎ守る。〔拾遺記、蜀〕忽ち子數十人來(きた)りて云ふ。~當(まさ)にるべし。~今より已後、亦た宜しく防衞すべしと。~旬日、火、よりる。~火んなるの時に數十の衣の子、來りて火を撲(う)つを見る。

字通「防」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android