カセドラルモデル(読み)かせどらるもでる

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カセドラルモデル

ソフトウェアの開発において、閉じた環境で密室的に開発を行うこと。オープンソース活動の推進者であるEric S. Raymond氏が、バザールモデル対義語として表した概念。伽藍(がらん)モデルとも呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

カセドラルモデル【cathedral model】

コンピューターのソフトウエア開発において、単一の組織の技術者が密室的に開発を行う仕組み。オープン-ソース活動を推進するレイモンド(Eric S. Raymond)が指摘した概念。伽藍がらんモデル。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android