コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モデル モデルmodel; modello

4件 の用語解説(モデルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モデル
モデル
model; modello

美術用語。絵画や彫刻そのほかの芸術表現のために使用する対象物。デッサンなどの練習用に使用する場合,作品の発想を定着させるために借りる場合,肖像などのように対象物そのものを表現する場合などのように,目的によりそれぞれ異なった意味で使用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モデル(model)

模範・手本または標準となるもの。また、今後の範とするために試みられたもの。「緑化モデル地区」「モデルスクール」
模型。また、展示用の見本。「プラスチックモデル
ある事象について、諸要素とそれら相互の関係を定式化して表したもの。「計量経済モデル
美術家・写真家が制作の対象とする人や物。「ヌードモデル
小説・戯曲などの題材となった実在の人や事件。「モデル小説」
ファッションモデル」の略。
機械・自動車などの型式(かたしき)。型。「ニューモデル

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

モデル【model】

モデルには基本的に二つの意味がある。一つは,絵画,彫刻,写真,小説などでのモデルであり,これはいわば〈原型〉としてのモデルである。人は,この意味でのモデルに基づいて,何かを作るわけである。いま一つは,プラスチックモデルで代表されるようなモデルであり,これはいわば〈模型〉としてのモデルである。この場合には,人は,何かに対してそのモデルを作るわけである。したがって第1の意味では,モデルは何かに先立ち,第2の意味では,何かがモデルに先立つことになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

モデル【model】

自動車や機械などの型式かたしき。 「九六年型のニュー--」
模型。 「 --ガン」
商品や事柄の標準となるもの。模範。手本。見本。 「 -地区」
画家・彫刻家・写真家などが、製作のとき対象として使う人物。 「画家の-になる」 「ヌード--」
小説・戯曲などに描かれる人物の素材になった実在の人。
ファッション-モデルの略。
問題とする事象(対象や諸関係)を模倣し、類比・単純化したもの。また、事象の構造を抽象して論理的に形式化したもの。 「原子-」 〔のアクセントは [0]もある〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モデルの関連情報