コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソフトウェア ソフトウェア

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ソフトウェア

コンピューターを動作させるためのプログラムや命令を記述したデータのまとまり。単にソフトとも呼ぶ。プログラミング言語で記述したものをコンピューターの言葉に変換(コンパイル)したものや、スクリプト言語で記述したスクリプトなどを指す。一般的なコンピューターでは、コンピューターの基本的な制御を担当するOS(基本ソフト)と、実際の作業の処理を担当するアプリケーション応用ソフト)に分かれている。ソフトウェアが目で見えないものを指すのに対し、コンピューター本体、ディスプレー、プリンター、キーボードなど、目に見えるものをハードウェアという。市販のゲームや音楽CD、DVDタイトルなどもソフトと呼ばれる。ソフトウェアは、著作権によって保護されており、明示的に許可されていない限り、無断でコピーや配布をしてはならない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ソフトウェア

コンピューターハードウェアを能率よく使うための情報,およびその扱い方を総称したもの。コンピューターの動作を制御する文字列(プログラム)の集まりをさし,個別の利用に応じて開発されたものをアプリケーションソフトウェア,そのアプリケーションソフトウェアとハードウェアとの間で効率よく実行するように管理するものをオペレーティングシステムという。
→関連項目ASPENIACエミュレータークラウドシェアウェア自動プログラミング情報サービス産業情報産業人工知能パーソナルコンピューターパブリックドメインソフトウェアファームウェアフリーソフトウェア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

会計用語キーワード辞典の解説

ソフトウェア

ソフトウェアは、コンピューターを機能させるためのプログラムですが制作目的によって、会計処理が異なります。1.研究目的:研究開発費2.販売目的:受注制作→制作段階は、仕掛品。販売時点で販売原価へ。         市場販売目的→完成するまでは、研究開発費。その後は無形固定資産(3年以内に償却)。3.自社利用目的:ソフトウェア勘定に集計し、原則5年以内に償却。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

ソフトウェア

英語のsoftware。パソコンの OS や、画像管理ソフトなどのアプリケーションソフト等をソフトウェアと呼ぶ。一方、パソコン本体や プリンター 、 スキャナー外付けドライブ等の機器を ハードウェア と呼ぶ。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ソフトウェア

米国の作家ルーディ・ラッカーの長編SF(1982)。原題《Software》。ディック記念賞受賞(1982)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソフトウェア【software】

情報処理の分野では,コンピューター本体や入出力機器などのハードウェアに対し,オペレーティングシステムやプログラム言語処理系など,コンピューターを使ううえに必要な基本プログラムで,コンピューターメーカーがハードウェアといっしょに納入するものをソフトウェアという。もっと広義には,特定の仕事をする応用プログラムでも,利用者がそれを入手すればすぐその仕事ができるというようなまとまった完全なプログラムもソフトウェアに入れる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソフトウェア
そふとうぇあ
software

コンピュータのプログラムやデータの総称。
 入出力装置を直接制御するプログラムと、オペレーティングシステムやコンパイラなどプログラム作成に必要なプログラムを、基本ソフトウェアとかシステムソフトウェアという。基本ソフトウェアを利用して事務計算や技術計算など実際に問題を解くためのプログラムを応用ソフトウェアという。ROM(ロム)に書き込まれて変更できないプログラムは、ファームウェアとよばれ、ハードウェアとソフトウェアの中間的存在と位置づけられている。[大野義夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のソフトウェアの言及

【言語処理系】より

…人間にとって理解しやすいプログラミング言語を使って記述したプログラムを,実際にコンピューター上で実行するために,必要な翻訳処理や解釈実行処理を行うソフトウェアのこと。 コンピューターは,ハードウェアで作られた機械語の解釈実行系を内部に持っており,機械語で仕事の手順を直接に記述すれば,そのまま指定した動作を起こすことができる。…

【コンピューター】より

…このプログラムはNの値nを減らしながら,総和を求めていく。(1)add One Zero Res % 結果の初期値を1にする % 通常は move One,Res と書けるようにする(2)ifequal N One 6 % n=1 になったら計算は終り(3)add N Res Res % nを結果(の途中経過)に足し込む(4)sub N One N % nをn-1に書き換える(5)goto 2 % 無条件にループ(繰り返し)の頭に戻る(6)stop % 計算はここで終了,Resに最終結果があるコンピューターアーキテクチャー言語処理系論理回路数の表現
【コンピューターの構造(ハードウェアとソフトウェア)】
ここまでは単純化したコンピューターを使って説明したが,以下では今日のコンピューターの最大公約数的な構造を説明する(図2)。このような構造をコンピューターアーキテクチャーと呼ぶ。…

【プログラミング言語】より

…プログラミング言語の構文は形式言語に基づいて定義されることが多い。またプログラミング言語を実際にコンピューターで実行できるようにするソフトウェアを言語処理系と呼ぶ。以下ではプログラミング言語を単に〈言語〉とも記す。…

※「ソフトウェア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソフトウェアの関連キーワード添付ソフトbundled softwareapplication softwaresoftware engineeringwebコンテンツフィルタリングソフトインターネットフィルタリングソフトlaunch softwareembed softwareサービスとしてのソフトウエアソフトウェアDVDプレーヤーディスクドライブ仮想化ソフトコンピュータソフトウェア協会ソフトウェア開発支援ツールwebフィルタリングソフトアジャイルソフトウエア開発ファイルシェアリングソフトパブリックドメインソフトシングルコピーライセンスウイルスチェックソフトソフトウエア開発キットライセンスメータリング

ソフトウェアの関連情報