コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カチオン 〈ドイツ〉Kation

栄養・生化学辞典の解説

カチオン

 陽イオン,正イオンともいう.原子核陽子の数に比べて電子の数が少ないために,正に荷電しているイオン.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

カチオン【Kation】

陽イオン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カチオン

イオン」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカチオンの言及

【イオン】より

…さらにこの種の物質について,その構成要素を調べてみると,その最小単位の大きさは,原子や分子の大きさと同程度(1オングストロームÅ=10-10m程度)であるが,電気的に中性の原子や分子とは異なり,正または負の電荷をもっていることがわかる。歴史的にさかのぼれば,電解質溶液に電流を流して電気分解を行うときに,アノードanode(陽極)へ向かって行く粒子とカソードcathode(陰極)へ向かって行く粒子があることから,M.ファラデーが〈行く〉という意味のギリシア語にちなみ,その粒子をイオンと名づけ,そしてカソードへ向かう粒子をカチオンcation(陽イオン),アノードへ向かう粒子をアニオンanion(陰イオン)と呼んだ。イオンの帯電の原因が1個または数個の電子の授受によることからわかるように,イオンがもつ電荷の量は電気素量e(=1.6021892×10-19C)の整数(正または負)倍に等しい。…

※「カチオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カチオンの関連キーワードリンス・イン・シャンプートリフェニルメタン染料イオン交換ろ(濾)過リンタングステン酸オキソニウム化合物ポリビニルエーテルプロトドロマイトポリイソブチレンリンモリブデン酸ナトリウムポンプポリイソプレンポリエーテルカチオン染料イオン交換水イオン交換膜脱イオン水ブチルゴムカチオン酸イオン重合イオン結合

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android