カットスルー(読み)かっとするー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カットスルー

スイッチングハブでのパケットフォワーディングの方式。この方式は、ブリッジと同様に受信したフレームの先頭6bytesまでのデータ、すなわち送信先アドレスまでを読み込み、ただちに当該ポートにフォワードする。このためレイテンシは小さいが、CRCを含むエラーチェックは行なわないため、エラーパケットでも送信先のアドレスさえ正しければそのまま送出してしまう。ただし、エンドノードでもこうしたエラーチェックは行なわれるので、実用上問題となることは少ない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android