コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カットスルー かっとするー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カットスルー

スイッチングハブでのパケットフォワーディングの方式。この方式は、ブリッジと同様に受信したフレームの先頭6bytesまでのデータ、すなわち送信先アドレスまでを読み込み、ただちに当該ポートにフォワードする。このためレイテンシは小さいが、CRCを含むエラーチェックは行なわないため、エラーパケットでも送信先のアドレスさえ正しければそのまま送出してしまう。ただし、エンドノードでもこうしたエラーチェックは行なわれるので、実用上問題となることは少ない。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

カットスルーの関連キーワードスイッチングハブ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android