カテガト海峡(読み)カテガトかいきょう(英語表記)Kattegat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カテガト海峡」の解説

カテガト海峡
カテガトかいきょう
Kattegat

スウェーデンとデンマークユラン半島との間にある長さ約 220kmの海峡。北はスカーゲン岬でスカゲラク海峡に接し,南はエーレスンドおよび大・小ベルトの3海峡でバルト海とつながっている。海峡の幅は約 60kmから約 140kmまで変化する。最深部は 134m。海峡全部が大陸棚に属し浅く,平均水深は 26m。氷河期には何回か陸化していた。スウェーデンのエーテボリ,デンマークのオールフスが重要な港。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android