コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテゴリーキラー かてごりーきらー

ナビゲート ビジネス基本用語集の解説

カテゴリーキラー

ある特定の商品分野(カテゴリー)に的を絞って豊富な品揃えを行い、しかも低価格で販売する量販チェーン店のこと。紳士服の青山商事、オフィス文具のオフィス・デボなどが該当する。 メーカーとの直接取引、現金決済、各国からの買い取り仕入れなどにより、低価格と品揃えを実現している。

出典 ナビゲートナビゲート ビジネス基本用語集について 情報

知恵蔵の解説

カテゴリーキラー

取扱商品を玩具や文具、スポーツ用品など特定のカテゴリーに絞り込んで豊富な品揃えを行い、低価格で大量販売する小売業態。玩具販売のトイザらスが日本で急成長を遂げたことから注目され、家電、カメラ、眼鏡、酒類、紳士服など、これまでディスカウンターという位置付けをされていた小売業もこの業態に分類されることが多くなった。パワーセンターは、このカテゴリーキラーを核店舗とし、低価格追求型の大型店が複数集積することによって、より広域商圏の形成を狙ったショッピング・センター

(懸田豊 青山学院大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

カテゴリー‐キラー(category killer)

特定の商品分野において、豊富な品揃えを徹底し、圧倒的な低価格で販売する業態。家電製品や玩具(がんぐ)の量販店などが代表的。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

カテゴリーキラー【category killer】

商品分野を限定し、商品を豊富に揃え、低価格で販売する店。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

カテゴリーキラーの関連キーワードオルタネイト・チャネルカテゴリー・キラーパワー・センター

カテゴリーキラーの関連情報