出店(読み)シュッテン

デジタル大辞泉の解説

しゅっ‐てん【出店】

[名](スル)店を出すこと。「学園祭に出店する」
[補説]「でみせ」と読めば別語

で‐だな【出店】

《「でたな」とも》支店。でみせ。
「上方の―は呉服屋、田舎の出見世では酒もつくる、醤油もつくる」〈滑・続膝栗毛・七〉

で‐みせ【出店】

本店から分かれて別の場所に出した店。支店。「デパートに出店を置く」
道ばたに臨時に出る店。露店。「参道に出店が並ぶ」
[補説]「しゅってん」と読めば別語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅってん【出店】

( 名 ) スル
新たに店を出すこと。 「駅ビルに-する」

でだな【出店】

〔「でたな」とも〕
でみせ。支店。 「わたくしことは京都の-に居り/洒落本・青楼昼之世界錦之裏」

でみせ【出店】

本店から分かれて、よそに出した店。支店。 「隣町に-を設ける」
街頭などで物を売る店。露店。 「 -が並ぶ」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いで‐みせ【出店】

〘名〙
本店から分かれてよそに出した店。支店。でみせ。
② 道ばたに商品を並べて売る店。露店
※浮世草子・本朝二十不孝(1686)四「此所の市に出見世(イデミセ)

しゅっ‐てん【出店】

〘名〙 ある地域場所に店を出すこと。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「各国有名の会社、一も巴黎に出店せざるものなし」

で‐だな【出店】

〘名〙 でみせ。支店。
※雑俳・雪の笠(1704)「はるばると・鬼のでだなのらしゃう門」
洒落本・青楼昼之世界錦之裏(1791)「京都の出店(デタナ)に居り番頭を仕る算右衛門と申ものでござります」

で‐みせ【出店】

〘名〙
① 本店から分かれて、他所に出した店。支店。分店。でだな。
※俳諧・天満千句(1676)三「京江戸の外にて鹿の鳴はなけ〈未学〉 出見世本宅萩の下道〈宗恭〉」
② 路傍などに臨時に小屋掛けをした店。露店。
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「光る灯心三筋四つ辻 小まものや出見せのめがねめさるべし〈重安〉」
③ 比喩的に、大もとのものから分かれ出たもの。本流に対する支流、幹に対する枝の類など。
※雑嚢(1914)〈桜井忠温〉二六「露軍の銃剣の尖(さき)は〈略〉。露西亜(ロシア)の出店(デミセ)━セルビアへ向いてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

出店の関連情報