コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナノール Cannanore

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナノール
Cannanore

インド南西部,ケララ州北部の港町。コジコーデ北西約 80km,マラバル海岸にのぞむ。 12~13世紀にペルシアアラビアとの貿易中心地となった。 1498年バスコ・ダ・ガマが訪れ,7年後にはポルトガルの城が築かれた。 1656年オランダが占領,新たに築城した城が現存する。 1709年から 1887年まで半島西岸における最大のイギリス軍事基地がおかれた。現在はコプラやココヤシ繊維製品の積出港で,衣類,靴下の製造工場がある。人口6万 5233 (1991) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カナノールの関連キーワードアルメイダバルボサピレス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android