コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カパ(加波)島 カパとうKap'a-do

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カパ(加波)島
カパとう
Kap'a-do

韓国,チェジュ (済州) 道に属する小島。チェジュ島南西方の東シナ海上にある。 1653年オランダ東インド会社の H.ハーメル一行が漂着したことで知られる。ハーメルは 14年間の抑留生活ののち,いわゆる『ハーメル漂流記』で,ヨーロッパに朝鮮の地理や国情を紹介した。南方に韓国の南端であるマラ (馬羅) 島がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カパ(加波)島の関連キーワードチェジュ(済州)道

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android