コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

済州 さいしゅう

3件 の用語解説(済州の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

済州【さいしゅう】

韓国,済州島の北岸にある市。済州道の道都。島の政治,経済,文化活動の中心。島の表玄関として国際空港をもち,木浦,麗水,釜山などからの定期航路がある。市内に観徳亭,三姓穴など古跡も多い。
→関連項目四・三事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいしゅう【済州 Cheju】

韓国の最南端,済州島北岸の都市。人口25万5602(1995)。半島部の木浦,麗水などと連絡する山地港を中心に発達,済州道の政治,経済,文化の中心であり,道庁所在地となっている。漢拏(かんな)山の北麓にあり,市域全体が傾斜した斜面にある。商業街は沿岸に沿って広がり,高度が増すにつれて,住宅地,公共施設用地,放牧地が段々上に展開している。済州島の観光地化に伴い,ホテル博物館などの施設や国際空港(1968)も建設され,人口が急増している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

済州
さいしゅう / チェジュ

韓国(大韓民国)、最南端の済州島北部にある、同島最大の都市。済州道の道庁所在地。面積253.89平方キロメートル。人口27万8500(2001推計)。古代から済州島の関門であった済州港を擁し、木浦(もくほ/モクポ)、釜山(ふざん/プサン)、楸子島(しゅうしとう/チュジャド)、莞島(かんとう/ウァンド)間に定期船が運航されている。貿易港としてだけでなく漁港としても重要で、市街は海岸に沿って帯状に延び、人口が増加している。また国際空港が開設され、国内主要都市とはもちろん、日本(東京、名古屋、大阪、福岡)からの直行便も運航している。[森 聖雨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

済州の関連情報