コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

済州 さいしゅう

3件 の用語解説(済州の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

済州【さいしゅう】

韓国,済州島の北岸にある市。済州道の道都。島の政治,経済,文化活動の中心。島の表玄関として国際空港をもち,木浦,麗水,釜山などからの定期航路がある。市内に観徳亭,三姓穴など古跡も多い。
→関連項目四・三事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さいしゅう【済州 Cheju】

韓国の最南端,済州島北岸の都市。人口25万5602(1995)。半島部の木浦,麗水などと連絡する山地港を中心に発達,済州道の政治,経済,文化の中心であり,道庁所在地となっている。漢拏(かんな)山の北麓にあり,市域全体が傾斜した斜面にある。商業街は沿岸に沿って広がり,高度が増すにつれて,住宅地,公共施設用地,放牧地が段々上に展開している。済州島の観光地化に伴い,ホテル博物館などの施設や国際空港(1968)も建設され,人口が急増している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

済州
さいしゅう / チェジュ

韓国(大韓民国)、最南端の済州島北部にある、同島最大の都市。済州道の道庁所在地。面積253.89平方キロメートル。人口27万8500(2001推計)。古代から済州島の関門であった済州港を擁し、木浦(もくほ/モクポ)、釜山(ふざん/プサン)、楸子島(しゅうしとう/チュジャド)、莞島(かんとう/ウァンド)間に定期船が運航されている。貿易港としてだけでなく漁港としても重要で、市街は海岸に沿って帯状に延び、人口が増加している。また国際空港が開設され、国内主要都市とはもちろん、日本(東京、名古屋、大阪、福岡)からの直行便も運航している。[森 聖雨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

済州の関連キーワード漢拏山済州島潮岬パレルモ蔚山サマラン済州道済州島4・3事件韓国・済州島の海女韓国源

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

済州の関連情報