地理(読み)ちり

精選版 日本国語大辞典「地理」の解説

ち‐り【地理】

〘名〙
① 土地の状態。山川・海陸などの状態。
※書紀(720)推古一〇年一〇月(岩崎本室町時代訓)「仍りて暦の本及び天文地理(チリ)の書(ふみ)、并せて遁甲(とんかふ)方術の書を貢る」 〔易経‐繋辞上〕
② 土地。大地。
※高野山文書‐正中三年(1326)二月二三日・入寺長遍御影堂陀羅尼田寄進状「捧少田之地理而結縁於陀羅尼之音声」
③ 地表における、地形・気候・生物・村落・都市・産業・人口・交通・政治などの有様。また、ある地域の地形、交通、町村の内部などの有様。
※風に吹かれて(1967‐68)〈五木寛之〉赤線の街のニンフたち「私は今でも〈略〉町屋や、葛西橋あたりの地理もくわしい」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉一「歴史と作文と地理と悪戯が大好きだった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「地理」の解説

【地理】ちり

地の秩序。〔易、辞伝上〕仰ぎては以て天、俯しては以て地理を察す。の故(こと)を知る。を原(たづ)ねりに(かへ)る。故に死生のを知る。

字通「地」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の地理の言及

【風水説】より

…中国で秦・漢時代から伝承されてきた術数の一派。堪輿,地理,青烏などの別称がある。その原理は,人間に及ぼす地気の作用を信じ,山脈,丘陵,水流などの地勢を観察して,さらに陰陽五行や方位(青竜=東,朱雀=南,白虎=西,玄武=北)をも考え合わせ,その最も吉相と見られる地を選んで,これに都城,住居,墳墓をつくらせる地相学,宅相学,墓相学で,生人の住居の場合を陽宅,墓地の場合を陰宅とよぶ。…

※「地理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android