コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カフトル Kaphtor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カフトル
Kaphtor

古代ミノア文明の中心地クレタ島の旧約聖書における呼称ヒッタイト語のカプタラ,エジプト語のケフチウ (クレタ人) と同一視される。フィリスチア人 (ペリシテ人) はこのカフトルより渡来し,カナンの海岸地帯にパレスチナの呼称を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報