カプタイ湖(読み)カプタイこ(英語表記)Kaptai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カプタイ湖
カプタイこ
Kaptai

バングラデシュ南東部,チッタゴン丘陵地帯北部にある人造湖。水力発電用のダムで 1959年アメリカ合衆国の援助により完成。総面積1万 2866km2。一部はインド国境まで続く。付近はチャクマ族,マグー族などの山岳少数民族居住地域で,湖の完成によりそれまでの焼畑農耕から,米作漁業も営むようになった。西岸にチャクマ族の町ラーンガーマーティがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android