コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマウ半島 カマウはんとう Camau Peninsula

1件 の用語解説(カマウ半島の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カマウはんとう【カマウ半島 Camau Peninsula】

ベトナム南端,メコン川デルタの南西部を占める地方。だいたいシャム湾に臨むラチジャーデルタ南部のビンロイを結んだ線以西とみてよい。メコン・デルタの沖積作用は著しく,デルタの幅も350kmに及び,毎年60~80mの割合で伸長している。カマウ半島も大部分標高2m以下で,南西端のカマウ岬も土地が低く,樹木に覆われ,岬の周囲には浅瀬があるので,〈岬を回る船舶は少なくとも12海里以上これから離れよ〉と水路誌にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カマウ半島の関連キーワード真臘ベトコンベトナム語メコン川越南交趾支那胡志明チッペナムメコン地域メコンデルタ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone