カマウ半島(読み)カマウはんとう(英語表記)Camau Peninsula

世界大百科事典 第2版の解説

カマウはんとう【カマウ半島 Camau Peninsula】

ベトナム南端,メコン川デルタの南西部を占める地方。だいたいシャム湾に臨むラチジャーデルタ南部のビンロイを結んだ線以西とみてよい。メコン・デルタの沖積作用は著しく,デルタの幅も350kmに及び,毎年60~80mの割合で伸長している。カマウ半島も大部分標高2m以下で,南西端のカマウ岬も土地が低く,樹木に覆われ,の周囲には浅瀬があるので,〈岬を回る船舶は少なくとも12海里以上これから離れよ〉と水路誌にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android