コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カムラン Cam Ranh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カムラン
Cam Ranh

ベトナム中南部,カンホア省の都市。カムラン湾西岸にのぞむ港湾都市で,植民地時代にフランス海軍基地として整備され,ベトナム戦争時の 1965年にアメリカ合衆国軍が大規模な補給基地や空港を建設した。現在は同国中部海岸の最も重要な港湾として発展している。人口 11万 4041 (1989) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カムランの関連キーワード非加速器素粒子物理学KAMIOKANDE地球ニュートリノニュートリノ振動在越ソ連軍基地反ニュートリノマヨラナ粒子カインホア省ロシア連邦カムランドニャチャン神岡鉱山鈴木厚人チャム語

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カムランの関連情報