コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

港湾都市 こうわんとし

大辞林 第三版の解説

こうわんとし【港湾都市】

港湾を中心として、水上交通の要地に発達した都市。商業・貿易都市であることが多いが、後背地が工業地帯である場合は工業都市としての機能を有する。港市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうわん‐とし〔カウワン‐〕【港湾都市】

港湾部に発達した都市。貿易や移出入など商業の中心地となるほか、工場群と隣接して工業地帯を形成するものもある。リバプール・サンフランシスコ・横浜・神戸など。港市(こうし)。港町(みなとまち)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

港湾都市
こうわんとし
port city

港湾を有し、港湾による機能が、都市の主要な機能となっている都市。港市(こうし)、港町(みなとまち)などともいう。港湾には防波堤や埠頭(ふとう)、突堤、岸壁、鉄道引込線がつくられ、倉庫、クレーンなどの設備がある。また、港湾には、運送、保険、倉庫業などの港湾関連企業が立地している。なお、貿易や国内商業をおもに取り扱う貿易(商業)港湾都市と、岸壁に工場が立地した工業港湾都市があるが、その両者を兼ねたものも多い。日本では神戸、横浜、長崎、小樽(おたる)、清水などがあげられる。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の港湾都市の言及

【港町】より

…〈みなと〉とは元来〈水の門〉の意で,瀬戸あるいは川口を指す。日本では港町といえば城下町,門前町,宿場町,市場町と並んで近代以前の歴史的都市分類に包含され,現代の港湾都市と区別されることもあるが,両者は同義語である。港というのは船舶が容易に出入し安全に停泊して,旅客・乗客の乗降・往来,ならびに物資の積卸や取引などが迅速にかつ危険なくできるように設備を整備した場所である。…

※「港湾都市」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

港湾都市の関連キーワードコーパス・クリスティガリポリ(トルコ)コルサコフ(大泊)プエルト・バリオスフレデリクスハウンソビエツカヤガバニポールドフランスハンメルフェストサウサンプトンメーメルブルクシアヌークビルテルクベトゥンスカルナープラバイアブランカマルデルプラタポルトアメリアイェーテボリプンタレナスアバディーンシディイフニ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

港湾都市の関連情報