コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラウィンモスク

デジタル大辞泉の解説

カラウィン‐モスク

Mosquée Al Quaraouiyine》モロッコ北東部の都市フェズの旧市街フェズ‐エル‐バリにあるイスラム寺院。9世紀、裕福な父親の遺産を受け継ぎ、チュニジアのカイルアンから移住した女性ファティマ=フェヘリーヤにより建造。大学としても利用され、世界最古の大学の一つに数えられる。10世紀初め、ムラービト朝時代に改築され、現在は北アフリカ最大のモスクになった。カラウィーンモスク。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カラウィンモスクの関連キーワードアンダルースモスクサファリーン広場フェズエルバリ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android