コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラサン寺院 カラサンじいん

世界の観光地名がわかる事典の解説

カラサンじいん【カラサン寺院】

インドネシアのジャワ島ジョクジャカルタの東16km郊外、ロロ・ジョングラン寺院の南西2kmにある大乗仏教の寺院。778年、ヒンドゥー教徒のパンチャパナ王と仏教徒シャイレンドラ王朝の王女の結婚を機に建立されたといわれている。当時のジャワ島にはヒンドゥー教を信奉する王朝と、大乗仏教を信奉する王朝が並立していた。壮大な寺院外壁の美しいレリーフには、ヒンドゥー文化の影響も色濃く残っている。◇正式名称は「Kalasan Temple」。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報