コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラブラン カラブラン karaburan

2件 の用語解説(カラブランの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラブラン
カラブラン
karaburan

中央アジアで春と夏に吹く強い北東風。空を黒くするほどの砂嵐を伴う。黒い嵐ともいわれる。(→ブラン

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラブラン
からぶらん
Karaburan

ゴビ砂漠周辺で吹く砂塵(さじん)を伴った東寄りの風。カラは現地語で黒を意味し、ブランはこの地方に冬に吹く吹雪(ふぶき)を伴った北東寄りの風をいう。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカラブランの言及

【風】より

…この風名にちなんで,夏は高温乾燥,冬に雨が降る地中海気候のことをエテジア気候ということがある。 カラブランkaraburan中央アジア,特にゴビ砂漠周辺で春から夏にかけて吹く強い北東風。しばしば砂あらしを伴う。…

※「カラブラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カラブランの関連キーワード中央アジア極偏東風春嵐花嵐夜嵐星の入東風カラテペ(中央アジア)中央アジア大暴動《中央アジアの草原にて》アーカル・テッケ種 (Akhal-Teke)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カラブランの関連情報