コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラブラン karaburan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラブラン
karaburan

中央アジアで春と夏に吹く強い北東風。空を黒くするほどの砂嵐を伴う。黒い嵐ともいわれる。(→ブラン

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラブラン
からぶらん
Karaburan

ゴビ砂漠周辺で吹く砂塵(さじん)を伴った東寄りの風。カラは現地語で黒を意味し、ブランはこの地方に冬に吹く吹雪(ふぶき)を伴った北東寄りの風をいう。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカラブランの言及

【風】より

…この風名にちなんで,夏は高温乾燥,冬に雨が降る地中海気候のことをエテジア気候ということがある。 カラブランkaraburan中央アジア,特にゴビ砂漠周辺で春から夏にかけて吹く強い北東風。しばしば砂あらしを伴う。…

※「カラブラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カラブランの関連キーワード世界のおもな局地風根本順吉

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android