コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本順吉 ねもと じゅんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

根本順吉 ねもと-じゅんきち

1919-2009 昭和後期-平成時代の気象研究家。
大正8年3月30日生まれ。気象庁予報官として長期予報を担当。昭和38年1月日本付近の気圧が異常にひくいことに気づき,「何万年に1度の異常」と世界に先がけて発表。50年「気象百年史」編集後に退官。以後,気象評論家として活躍した。平成21年9月22日死去。90歳。東京出身。中央気象台付属気象技術官養成所(現・気象大学校)卒。著作に「異常気象を追って」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

根本順吉の関連キーワードレッドフィールド(William Redfield)リード(William Ried)サンタ・アナ(砂漠風)四季(気候)カラブラン産業気象学トルネード草いきれ通機図解あいの風おしあな農事季節天時占候エテジアパンペロ生活季節からっ風スマトラ虎落笛氷河風

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android