根本順吉(読み)ねもと じゅんきち

  • 根本順吉 ねもと-じゅんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1919-2009 昭和後期-平成時代の気象研究家。
大正8年3月30日生まれ。気象庁予報官として長期予報を担当。昭和38年1月日本付近の気圧が異常にひくいことに気づき,「何万年に1度の異常」と世界に先がけて発表。50年「気象百年史」編集後に退官以後,気象評論家として活躍した。平成21年9月22日死去。90歳。東京出身。中央気象台付属気象技術官養成所(現・気象大学校)卒。著作に「異常気象を追って」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android