カラマンダリン

デジタル大辞泉プラスの解説

カラマンダリン

愛媛県松山市で生産される柑橘類の大きさは130~160g程度、果汁が多く、酸味甘みバランス、香りがよく食味良好。は手でむくことができる。尾張系の温州みかんにキングマンダリンを交配し育成した品種。1935年に命名、発表。愛媛県松山市により「まつやま農林水産物ブランド」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android