コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラーンミナレット

デジタル大辞泉の解説

カラーン‐ミナレット

Minorai Kalon》ウズベキスタン南東部の都市ブハラの旧市街にあるイスラム寺院カラーンモスクの尖塔。12世紀にカラハン朝のアルスラン=ハンにより建造。高さ約46メートル。ブハラで最も高く、町のシンボルとして知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カラーンミナレットの関連キーワードカラーンモスク自体

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android