コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリプトラ かりぷとら

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリプトラ
かりぷとら
calyptra

コケ植物の胞子体を保護する器官で、胞子体の発達とともに、造卵器が変化したものである。蘚類(せんるい)では、胞子体の成長とともにカリプトラの上半部が蘚帽となり、(さく)の上についていることが多い。[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカリプトラの言及

【シキミモドキ】より

…高さ1~5mの常緑の木本植物。つぼみはカリプトラという帽子状に変形した萼におおわれている。心皮は1枚の葉が中肋を折り目に内側に畳まれた状態を示し,めしべの最も原始的な状態を示すとの説がある。…

※「カリプトラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カリプトラの関連キーワードシキミモドキ