コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘚帽 センボウ

大辞林 第三版の解説

せんぼう【蘚帽】

コケ植物のうち蘚類の胞子囊である蒴さくを保護する帽子状の組織。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘚帽
せんぼう

コケ植物のうち、蘚類の(さく)を包む器官で、単に帽ともいう。が発生するときに造卵器の上半部がちぎれ、を包んだ状態のままで成長する。この過程で造卵器の上半部はさまざまな変化を行い、多様な形の蘚帽となる。蘚帽は種類によっては早期に脱落するが、スギゴケ科などではあとまで残っている。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蘚帽の言及

【蘚類】より

…胞子体はふつう比較的かたい組織からなり長期間にわたって胞子を放出し続ける。蒴(さく)(胞子囊)は蘚帽calyptraをかぶる。蘚帽は造卵器の腹部が受精後に発達し,胞子体の伸長とともに切断して持ち上げられたもので,配偶体の組織の一部である。…

※「蘚帽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蘚帽の関連キーワードヒョウタンゴケ(瓢箪苔)タチハイゴケカリプトラコケ植物ミノゴケマゴケ類スギゴケタチゴケ造卵器組織

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android