コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘚類 センルイ

世界大百科事典 第2版の解説

せんるい【蘚類 moss】

コケ植物の1綱で,ミズゴケスギゴケヒョウタンゴケなどを含む。配偶体は茎と葉が分化し,葉状のものはない。仮根は1列に並んだ多数の細胞からなり分枝する。葉は一般に茎にらせん状につき放射状に広がるが,3列または2列につくものもある。葉は中央脈をもつものが多く,一般に中央脈の部分を除いて1層の細胞からなる。胞子体はふつう比較的かたい組織からなり長期間にわたって胞子を放出し続ける。蒴(さく)(胞子囊)は蘚帽calyptraをかぶる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せんるい【蘚類】

コケ植物のうち、茎が発達しているもの。造卵器を茎頂または枝の先端に生じるが、受精後はその基部が著しく伸長して蒴柄さくへいとなり上部に蒴がつく。蒴は熟すと先端にある蓋ふたがとれて胞子がこぼれる。林下・池沼辺の湿地によく繁殖する。代表種はスギゴケ・ミズゴケ・クロゴケ・マゴケ・ヒカリゴケなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蘚類
せんるい

(たい)類、ツノゴケ類と並ぶコケ植物の一群。植物体はすべて茎、葉の分化がみられ、茎は直立または横にはい、仮根は多細胞からなっていて、分枝する。茎には中心束が分化するものが多い。葉には中肋(ちゅうろく)をもつものが多く、中肋部以外では、ほとんどが一層の細胞からなる。雌雄異株または同株。造卵器は主茎の頂端につく場合と、枝の先につく場合がある。胞子体の若い(さく)には帽(ぼう)(蘚帽)があり、口部には歯が分化する。スギゴケ科、ミズゴケ科、クロゴケ科など約80科1万5000種が知られている。海水中を除く世界各地のあらゆる環境下で生育がみられるが、熱帯圏にもっとも多くの種類がみられ、南極大陸や北極圏にも数十種が分布している。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の蘚類の言及

【コケ植物(苔植物)】より

…最古の化石は上部デボン紀にさかのぼるが,その後の化石はわずかで古生物学的に進化の跡づけを行うことは困難である。蘚類苔類ツノゴケ類に三大別され,世界に約2万種,日本に約2000種ある(図1)。
[生活史]
 明瞭な世代交代を行う。…

※「蘚類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蘚類の関連キーワードコウヤノマンネングサシノブゴケ(忍蘚)アイゾメシバフタケマリゴケ(毬蘚)チョウチンゴケコケ(苔)植物フランネルゴケ胞子嚢・胞子囊イワダレゴケダチョウゴケシモフリゴケホウオウゴケオオカサゴケムカシヤンマスギゴケ類カリプトラシラガゴケヒノキゴケ水蘚・水苔イクビゴケ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android