コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルキディケ連盟 カルキディケれんめいChalcidic League

1件 の用語解説(カルキディケ連盟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルキディケ連盟
カルキディケれんめい
Chalcidic League

デロス同盟から離反し,オリュントスを首都として前 432/1年頃に始ったカルキディケ半島の古代ギリシアにおける連盟。市民権,法を共有し,連盟通貨を出した。前 380年代勢力を伸ばしたがスパルタの介入に屈し,前 379年解体。すぐ再建され,第2アッチカ海上同盟に入ったが,対立してマケドニアと同盟した。その後マケドニアのフィリッポス2世に脅威を感じてアテネに通じたが,前 348年オリュントスが破壊されて連盟は解体した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone