カルキディケ連盟(読み)カルキディケれんめい(英語表記)Chalcidic League

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デロス同盟から離反し,オリュントスを首都として前 432/1年頃に始ったカルキディケ半島の古代ギリシアにおける連盟。市民権,法を共有し,連盟通貨を出した。前 380年代勢力を伸ばしたがスパルタ介入に屈し,前 379年解体。すぐ再建され,第2アッチカ海上同盟に入ったが,対立してマケドニアと同盟した。その後マケドニアのフィリッポス2世脅威を感じてアテネに通じたが,前 348年オリュントスが破壊されて連盟は解体した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android