介入(読み)かいにゅう

精選版 日本国語大辞典 「介入」の意味・読み・例文・類語

かい‐にゅう ‥ニフ【介入】

〘名〙 間に入り込むこと。事件などに割り込み、関係を持つこと。
労働組合法(1949)七条労働者労働組合を結成し、若しくは運営することを支配し、若しくはこれに介入すること」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「介入」の意味・読み・例文・類語

かい‐にゅう〔‐ニフ〕【介入】

[名](スル)当事者以外の者が入り込むこと。争いやもめごとなどの間に入って干渉すること。「国際紛争介入する」
[類語]お節介口出し手出しちょっかい干渉容喙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

FX用語集 「介入」の解説

介入

平衡操作とも呼ばれ、外国為替市場で経済実態を反映しない相場の急変動に対して中央銀行が相場を安定させるために行う為替売買。例えば日銀が相場を安定させるため円を買うことを「円買い介入」、逆に円を売ることを「円売り介入」といいます。また、1国だけで行う単独介入と複数国で行う協調介入、他の中央銀行に頼んで介入をしてもらう委託介入があります。

出典 (株)外為どっとコムFX用語集について 情報

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android