コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルジャリ Kǔrdzhali

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルジャリ
Kǔrdzhali

ブルガリア南部,ハスコボ州の都市。東ロドピ山脈中のアルダ川沿岸に位置する。付近の鉱山から産する鉛,スズ,亜鉛の精錬加工工場のほか,アスベスト,たばこ,食品,印刷などの工場がある。市外にアルダ川の2つの大人造湖,カルジャリとストゥデンクラデネツがある。 1607年以後オスマン帝国治下のカルジャラとして知られたが,1913年ブカレスト条約によりブルガリア領となった。人口6万 1287 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android